【江戸川区 O様邸 古民家改修工事】

  • Facebook 外部リンク
  • Instagram 外部リンク

047-712-1305

メニューを開く

WEBマガジン(ニュース&ブログ)

2021/06/12

現場レポート

【江戸川区 O様邸 古民家改修工事】

【江戸川区 O様邸 古民家改修工事】

工匠の住友です。

今回は、古民家の改修工事の現場管理を担当させて頂くことになりました。

スケルトン解体(土台、柱、梁、桁等の構造部を残して解体)で施工がスタートし、
調査を進めていく中で、大正4年生まれの建物というのが分かりました。(棟木に上棟時の年月が墨で記載されてました)


近年の住宅ではまず見ない湾曲した丸太小屋梁を使用しており、建てた当時の大工さんの技術が垣間見れた気がしました。
屋根面の防水においても、土居葺きといい木の板を薄くスライス(1~2㎜の厚み)を使用されています。
当時の施工方法(継手等)でも、玄関の上り框(ケヤキ材)をひな留めにしいたり、土台の一部でレールの跡や隣接する柱に鴨居の跡が残っていたので、勝手口があったのかなと木と会話をしているような気にもなり、今までにないような発見が出来ています。


また、構造部材では、主にヒノキ材やマツ材を使用していましたが、4ヶ所ある大黒柱はケヤキ材をしている中で、一部の大黒柱の礎石が、社寺でも見るような形状になっていました。

不陸調整や柱の立ち起こし、柱や梁の入替等があるので、工事中に倒壊が無いように安全に最善を尽くして工事を進められればと、今気を引き締める直しているところです。

まだ、工事は始まったばかりですが、50年・100年とさらに生きられる建物を目指して施工を進められればと思います。
竣工予定の約1年後が楽しみです。

大工と建てる至福の家について知りたい方は、ぜひお気軽にお問合せください。 大工と建てる至福の家について知りたい方は、ぜひお気軽にお問合せください。

大工と建てる新築・リフォームにとても興味がある方は住宅無料相談へ、ぜひお気軽にお越しください。 大工と建てる新築・リフォームにとても興味がある方は住宅無料相談へ、ぜひお気軽にお越しください。

ホームページを見て電話しましたとお伝えください。 ホームページを見て電話しましたとお伝えください。
  • 自然素材の家に興味がある
  • 大工が建てる家の価格が知りたい
  • 大工と建てる家に興味がある
  • 丈夫で災害に強い家に興味がある
  • 住宅ローンについて知りたい
  • 近代和風住宅に興味がある

〒270-2224 千葉県松戸市大橋1105-2

TEL:047-712-1305 FAX:047-712-1306

ページの先頭へ戻る