〒270-2224 千葉県松戸市大橋1105-2 > アクセス

tel. 047-717-1305

メニューを開く

2022/05/17

家づくり学

太陽のぬくもり感じる2階リビング

太陽のぬくもり感じる2階リビング

松戸市、市川市、宮大工が手掛ける注文住宅・古民家再生の工匠、広報担当の黒河内です。

皆様こんにちは。

家づくりをする上で、リビングは最もこだわる部分ではないでしょうか。

ご家族で過ごすことはもちろん、

お客さんを招く場所としても、居心地のいい快適な空間にしたいですね。

近年、2階にリビングを設ける家づくりが多く見られます。

リビングを2階に設けるとどのようなメリットがあるのか、デメリットと

弊社、施工事例を併せてご紹介いたします。

家を新築・リフォームされるご予定の方、家づくりの参考にしてみてください。

目次

  • 2階リビングとは?
  • 2階リビングのメリット
  • 2階リビングのデメリット
  • 2階リビングの弊社施工例
  • まとめ

2階リビングとは?

2階リビングとは、ご家族の集まるリビングを2階に配置する間取りのことです。

以前は、1階にリビングを配置することが一般的でした。

しかし近年、住宅事情の変化からリビングを2階に配置する間取りが多くなっています。

2階リビングのメリット

リビングを2階に設けるメリットをご紹介します。

明るいリビングになる

2階リビングの1番のメリットはリビングが明るくなることです。

隣近所が密集した地域に家を建てる場合、

1階にリビングがあると日差しの入る時間は限られてしまい、リビングが暗くなってしまいます。

2階リビングの場合、日が入りやすくなるため電気をつけなくても明るいリビングになります。

プライバシーが守られる

道路に面した場所や人が多く通る場所に家を建てる場合、

プライバシーを確保することが難しくなります。

1階にリビングがある間取りの場合、カーテンは1日中閉めっぱなしなんてことも。

2階にリビングを配置すれば、隣近所や通行人の視線を気にせず

カーテンを開けて思う存分、外の景色を楽しむことができます。

冬もぬくもりが感じられるリビングになる 

1階にリビングがある間取りの場合、冬場は日差しがリビング全体に入らずひんやりとすることも。

2階リビングは冬場でも日光が差し込み、リビングを暖かくしてくれます。

太陽の暖かさは体の芯から温まることができるので、

2階リビングは、ペットの日向ぼっこや小さなお子様の日光浴にとても最適です。

開放的で広々とした空間になる

2階リビングは、屋根の勾配を活用した勾配天井が取り入れやすくなります。

天井が高くなることで、リビング空間がより広く感じられます。

また、2階リビングとバルコニーを組み合わせて、

外とのつながりが持たせることでさらに広々とした空間になります。

2階リビングのデメリット

リビングを2階に設けるデメリットをご紹介します。

階段の上り下りが大変

2階リビングの場合、階段の上り下りがどうしても増えます。

買い物をした時など、2階のキッチンに重たい物を持っていかなければならないため大変と感じることも。

また小さなお子さんがいるご家庭は、階段で怪我をしないよう安全面での注意が必要になります。

夏は暑くなりやすい

2階リビングは日当たりの良さから、夏は暑くなりやすいというデメリットがあります。

屋根や壁の断熱性を高めることや、夏場は日光が直射入らないようにするなどの対策をする必要があります。

2階リビングの弊社施工例

弊社で施工させていただいた、こだわりの2階リビングのお家をご紹介します。

みなさんの家づくりの参考にしてみてください。

自然が感じられるスタイリッシュな家

大きな窓からは自然が感じられ、家にいながらリゾートにいるかのよう。

2階リビングだからこそ叶う、ご家族のプライバシーが守られたリビング空間。

千葉県市川市|卓越したデザインセンス光る坪庭のある家 (shimousa-kousyou.com)

自然素材で癒される家

お子様も大人もうれしい、秘密基地のようなロフトがある2階リビング。

勾配天井で高さを出して広々、のびのび過ごせる自然素材に包まれる家。

千葉県市川市|【結~YUI~】清々しい空気の自然素材の家 (shimousa-kousyou.com)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プライバシーが守られて、明るいリビングが作れる2階リビング。

夏場の暑さや階段のことなどデメリットはたしかにあります。

ご家庭によって事情や優先するべきことは様々ですが、

ご家族皆さんが自然と集まるあたたかなリビングを作りませんか。

限られた空間を活かして、理想の家づくりを叶えましょう。

ページの先頭へ戻る▲

© 2022 株式会社工匠 KOUSYOU co.,ltd.