造作建具で叶えるこだわりの家づくり

  • Facebook 外部リンク
  • Instagram 外部リンク

047-712-1305

メニューを開く

WEBマガジン(ニュース&ブログ)

2021/09/30

家づくり学

造作建具で叶えるこだわりの家づくり

造作建具で叶えるこだわりの家づくり

松戸市、宮大工が手掛ける注文住宅・古民家再生の工匠、広報担当の黒河内です。

皆様こんにちは。

工匠で新築やリフォームされたお客様の中で

「工匠の造作建具が良かった。」

というお声を多く頂くことがあります。

そこで今回は造作建具についてのお話をします。

家づくりやリフォームを予定されている方で

建具選びで悩まれる方は多いのではないのでしょうか。

使用頻度の高い建具は、毎日必ず目につき、触れます。

こだわりのある家づくりを考えている方は、建具を造作にすることで、

お家をもっと自分好みの理想的な空間にすることができます。

目次

  • 建具とは
  • 建具の種類
  • 造作建具のメリット
  • 造作建具のデメリット
  • まとめ

建具(たてぐ)とは?

壁の開口部などに取り付けられる窓や扉、

そして障子や襖といった開け閉めができる可動式のドアや戸の部分を建具といいます。

ただ、ドアや戸を支える扉枠や窓枠なども建具に含まれるので、

開閉できなくても、『空間を仕切る』ものの総称を建具といいます。

建具の種類

住宅内部で使われている建具は

  • 洋室の場合→ドアやクローゼットの扉など。
  • 和室の場合→押入れの襖や引き戸、欄間など。

住宅の外で使われる建具は

  • 玄関のドアや窓。
  • 門や勝手口の扉。
  • シャッターや雨戸など様々あります。

  

建具は私たちが普段何気なく使っていて、目にしています。

造作建具のメリット

  • デザインや材質を自由に選べる。
  • 空間に統一感ができる。
  • 扉の大きさが変えられる。
  • 材質を無垢材にすることで、経年変化を楽しめる。
  • 壊れても直すことができる。

造作建具のデメリット

  • 既製品より費用がかかる。
  • 住宅会社によっては建具を造作出来ないところもある。
  • 無垢材の場合反りが出てくるので、メンテナンスが必要。

まとめ

一般的な住宅で使われている建具の多くは、既製品の中から選ぶことが多いです。

既製品の中には素敵な建具もありますが、

造作(オーダーメイド)した建具を取り付けることによってより、

空間に統一感が出てお洒落で趣のある雰囲気になります。

まずは、人の目に触れることの多い部屋の建具を造作の建具にするだけで

お家の印象はとても変わります。

床や壁などに比べ、こだわる方が少ない建具ですが

造作することによって唯一無二の個性的な住宅にすることができるのではないのでしょうか。

大工と建てる至福の家について知りたい方は、ぜひお気軽にお問合せください。 大工と建てる至福の家について知りたい方は、ぜひお気軽にお問合せください。

大工と建てる新築・リフォームにとても興味がある方は住宅無料相談へ、ぜひお気軽にお越しください。 大工と建てる新築・リフォームにとても興味がある方は住宅無料相談へ、ぜひお気軽にお越しください。

ホームページを見て電話しましたとお伝えください。 ホームページを見て電話しましたとお伝えください。
  • 自然素材の家に興味がある
  • 大工が建てる家の価格が知りたい
  • 大工と建てる家に興味がある
  • 丈夫で災害に強い家に興味がある
  • 住宅ローンについて知りたい
  • 近代和風住宅に興味がある

〒270-2224 千葉県松戸市大橋1105-2

TEL:047-712-1305 FAX:047-712-1306

ページの先頭へ戻る