〒270-2224 千葉県松戸市大橋1105-2 > アクセス

tel. 047-717-1305

メニューを開く

2022/11/25

社内レポート

寺院の客殿と庫裡の墨付け

寺院の客殿と庫裡の墨付け

松戸市、市川市、宮大工が手掛ける注文住宅・古民家再生の工匠、広報担当の黒河内です。

皆様こんにちは。

今回は加工場の様子をご紹介します。

工匠では、茨城県潮来市にある、寺院の客殿と庫裡の新築工事が始まり、

加工場には、たくさんの木材が運ばれてきました。

☝これでも1/3ぐらいの量だそうです

先日加工場では、この木材の墨付け作業が行われていました。

墨付けとは、大工が加工をする木材に目印をつける作業のことです。

この印に合わせて大工は刻みをしていきます。

間違った墨付けをしてしまうと、建物が建たなくなってしまうので

墨付けは熟練の技術を持つ棟梁が担当します。

近年、住宅では人の手ではなく、機械で加工をしたプレカットが主流となっています。

あらかじめ工場で木材を加工するので、墨付けや刻みなどの大工作業はほとんど必要ありません。

しかし、神社やお寺などの社寺建築は無垢の木材を使用するため、

宮大工による手刻みがとても重要になります。

天然の無垢の木は、一本一本同じものはなく、節や曲がり、反り、歪みなどの癖があります。

工場の機械では、無垢の木の癖を読むことはできません。

熟練した大工の目で見極めて、木、一本一本の癖を読み、適材適所に扱うことで

その木、本来の良さを生かした、丈夫な建築物になります。

工匠は、時代がどんなに変わっても

古くから伝わる伝統技術を守り続け、後世に残る建築物を造り続けていきます。

『大工が建てる家』や『木をたっぷり使った自然素材の家』に

ご興味のある方はお問い合わせください。

無料相談会・お問い合わせはこちらから|松戸市・市川市の工務店工匠。 (shimousa-kousyou.com)

ページの先頭へ戻る▲

© 2022 株式会社工匠 KOUSYOU co.,ltd.