「伝統建築工匠の技」無形文化遺産へ

  • Facebook 外部リンク
  • Instagram 外部リンク

047-712-1305

メニューを開く

WEBマガジン(ニュース&ブログ)

2020/11/28

その他

「伝統建築工匠の技」無形文化遺産へ

「伝統建築工匠の技」無形文化遺産へ

つい先日、タイトル通りの以下のニュースが飛び込んできました!

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201117/k10012716171000.html

弊社も社寺建築に携わる会社として、以前から関心があり、「伝統建築工匠の技」を構成する伝統技術の1つ「建造物木工」に関わりが深い一般社団法人『伝統を未来につなげる会』の賛助会員になっています。

今回のニュースは団体にとっても業界にとっても大きな前進です。

ただ、無形文化遺産に登録されることが目的ではなく、今回の登録を機に、どのように技術を継承し続ける仕組みづくりができるか!ここが一番の重要ポイントです。

現実を悲観しているわけではないのですが…

◆昔、大工は右官と言って位の高い職業でしたが、今では給料は安くデスクワークする人の方が給料が高い時代。
◆お金も上の人達(会社)、現場を知らない人達(会社)がたくさん持って行き、職方には行き渡らない現実が常態化。

◆そのうえ責任や工期など、実際は職方が負うものが多い。
◆建築士は木造軸組みもやろうとしない、RCやパネル工法の方が簡単でそのうち木造軸組みの図面も書けない、その弊害で釘さえ打てる大工もいなくなる。

その結果、粋な仕事内容は衰退し、職人を志す人は減少の一途を辿っています。

この現実を打破するため、政府主導の働き方改革だけでなく、業界全体で大きな変革を遂げる絶好の機会になると期待しています。

と同時に、社寺建築に身を置く会社として、個々の大工が能動的に活動していきたい。

兎にも角にも今はこの吉報に胸を躍らせています♪

文化遺産名称に、工匠の文字が😊

大工と建てる至福の家について知りたい方は、ぜひお気軽にお問合せください。 大工と建てる至福の家について知りたい方は、ぜひお気軽にお問合せください。

大工と建てる新築・リフォームにとても興味がある方は住宅無料相談へ、ぜひお気軽にお越しください。 大工と建てる新築・リフォームにとても興味がある方は住宅無料相談へ、ぜひお気軽にお越しください。

ホームページを見て電話しましたとお伝えください。 ホームページを見て電話しましたとお伝えください。
  • 自然素材の家に興味がある
  • 大工が建てる家の価格が知りたい
  • 大工と建てる家に興味がある
  • 丈夫で災害に強い家に興味がある
  • 住宅ローンについて知りたい
  • 近代和風住宅に興味がある

〒270-2224 千葉県松戸市大橋1105-2

TEL:047-712-1305 FAX:047-712-1306

ページの先頭へ戻る